newage

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薪割りしてきました。

先日知人のホームパーチーに参加してきましてね、
そこは薪ストーブを重用しているご家庭なのですが
薪ストーブを使うって事は自然と薪割りの必然性が
出てくるもんでありまして、協力というよりもむしろ
興味本位で体験してきました。

そこで気付いた事を忘れないうちにメモしとこうと思います。
来週キャンプで薪割りやるんだぜ!という方は心がけて
おくとリアルヤマンバにモテます。

1:脚を肩幅に開く。
2:左手で斧の柄の端、右手で柄の根元を持つ。
  この時左手のアドレスは丹田の前に据える事。
3:右手で斧を前方斜め上に放り投げると同時に
  右手を引き両手で柄の端を持ち、気持ち引っ張る。
  この際両手の中心が丹田・狙った場所と直線で
  繋がる状態が好ましい。
4:3と同時に膝を抜き腰を落とします、この際腰を
  曲げるのでは無く、背筋は伸ばしたまま垂直に
  腰の位置を下げる。

イメージ的には斧の刃の部分に重心を置き、前方に投げ出し
すぐに引く事で生まれる遠心力を重力に加算する感じ。
狙う場所は薪の形状、大きさによって臨機応変に変える、
フシは避け、細いものなら中心、太いものなら端の方から。

やる前は力仕事といった印象がありましたが、コツさえ
掴めば後は筋肉を使う場面すら殆ど無いので延々と
作業を続ける事が出来ます、トータルで1時間近く
やっていた気がしますが筋肉痛は皆無でした。
これで君も七人の侍で最初に死ぬヤツになれるぜ!!
rossohan_20071204044040.jpg
スポンサーサイト

 | HOME | 

Appendix

ろっそ

ろっそ

凄腕の殺し屋
報酬は愛
ビールなら
54本飲める。


所属サークル
scarabeorosso

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。