newage

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河内『日本がアジアで負けて良いのはサウジ・オマ(ry

やー負けた負けた、取るも取られたり3失点!

どうすれば勝てたかと言うなら、
オフェンスに関しては後ろに枚数が足りている際に、
俊輔や憲剛等の勝負して勝つ確立が高い選手は、
単純にスペックでゴリ押すべきだったと思うし、
ディフェンスに関してはカウンターを主体とする
相手と対戦すると、1対1や2対2と
なる局面が必然的に多くなるのだから、
本職でないCB(ゴールを決めたが)に頼るよりかは
中澤・坪井の二枚にしていた方が良かったと思う。

特に今大会の失点シーンはポリバレントが
悪い方に働いた印象がある。
逆に言うとDFの2得点はポリバレントが
良い方に働いたと言えるのだろう。
何にせよはっきり言える事は全ての選手が現在
慣れないポジションに置いての育成段階にあり、
決して完成形ではないと言うことだ。

具体的に言うとジーコジャパンの際の加地選手。
彼はジーコジャパンで長く重用されていたが、
選出直後から『加地は使えない』といった意見が
殆どで彼を支持する声など皆無と言える状況だった。
しかしW杯予選を戦い、W杯出場を決める前後から
彼は見違えるほど戦える選手になり、代表に
欠かせない選手になっていた。

史上初の4回目の優勝を逃した日本ではあるが、
逆に言えば3回の優勝経験があると言うこと、
もっと言うなら、アジアカップの優勝は既に経験済。

最も大事なのはW杯だ!というと実はそうでもなく、
4年スパンより更に永い目で見て、日本人という民族が
世界の強豪を相手にする際に最低限必要なスペック、
相手チームよりも考え、効果的に走る事。
一人の選手が多くのポジションをこなせるようになる事。
こういった能力をJリーグの選手の足元に築く事こそ、
『日本のサッカーを強くする』という行為なのではないか。

今回の結果で代表やオシムが叩かれる事もあるだろうが、
加地君の前例を見るにそれは仕方の無い事。
しかし叩く側の何割が『日本サッカーを強くする』方法を、
代案を誇示出来るのだろうか。

スポーツの世界は結果が全てと言うが、
ではサッカーの代表監督における結果とは何だろう。
全ての試合に勝つ事は無論不可能、
つまり全ての公式戦において優秀な成績を収める事も不可能、
ともすれば『日本サッカーを強くする』事こそが、
代表監督の仕事に他ならない。
冒頭に記したように1つの試合に置いては、
選手の起用から交代の人選やタイミング等に異論はあるが、
大局で見ると、代表の向かっている方向は一路『強い日本』
であると私は確信している。

とはいえマスコミやサポーターが直接観て評価する材料は、
1試合1試合の代表戦でしかない訳で、無論軽視は出来ない。
今大会日本の最後の試合となる韓国戦、結果が3位でも
4位でも、強く戦う姿を見せて欲しい。

そんなアジアカップ3位決定戦
日本vs韓国
チャンネル :BS1
放送日 :2007年 7月28日(土)
放送時間 :午後9:10~午後11:35(145分)
【キャスター】曽根優
【解説】山本昌邦・小島伸幸
【アナウンサー】野地俊二
インドネシア グロラ・スリーウィジャヤ競技場から中継


―家から20mの距離で交通事故発生 怖ぇぇ―
rossohan.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://newage.blog11.fc2.com/tb.php/264-1b435689

 | HOME | 

Appendix

ろっそ

ろっそ

凄腕の殺し屋
報酬は愛
ビールなら
54本飲める。


所属サークル
scarabeorosso

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。