newage

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加地亮選手、代表引退。

加地亮選手が日本代表引退表明

2008/05/20(火)
ガンバ大阪DF・加地亮選手(28歳)が日本代表引退を
表明致しましたので、本人のコメントと共にお知らせいたします。

◇加地亮選手
「すでに今年3月、自分自身はケガをしている時期でしたが、
日本代表召集時に代表引退を決意したことを日本代表
岡田監督に伝えています。メンタル的にもクラブと代表を両方、
それぞれに強い気持ちで戦えなくなったこと、そしてその為に
どちらかに支障をきたすことにならないよう、クラブに専念して
いきたいという結論に至りました。これからもガンバ大阪の
タイトル獲得の為に、強い気持ちでサッカーをしていきたいと思います。」


ガンバオヒサルHPより転載

まじっすか・・・岡田に左サイドやらされたのが最後って・・・。

キャバクラ事件までかなり活躍していた山田選手の後釜として
ジーコが加地さんを大抜擢した時は、正直何で加地!?と
思いましたし、その重用ぶりに多くの疑問を感じてました。
当時は三浦淳や廣山望等実績ある選手の選択肢もあったので、
たまに突破はするがクロスの制度が低い加地さんには
私以外のサッカーファンからも非難の声が上がっていました。

しかしマイペースな加地さんらしく非難の中でもアジアカップ
・W杯予選の中で着実に成長を遂げ、世界最速での
本戦出場を決めた時にはもう代表に無くては
ならない不動の右サイドになっていました。

実直なプレースタイルと切れる事の無いスタミナには
誠実な人柄が嫌でも感じられましたし、
時おり見せる素敵な笑顔には俺の中の道下がウホッでした。
誤審で取り消されはしましたがコンフェデでブラジル相手に
ゴールを決める等印象に残るプレーも数あり、
日本サッカー史上最も才気豊かなイレブンの中でも、
燻し銀ながらに決して劣る事の無い輝きを放っていたのを
昨日の事のように思い出せます。

先日の浦和レッズ対ガンバ大阪戦においても(2-3でガンバWIN)
その貢献度は大きく、特に象徴的だったのは
日本代表のエースとも呼ばれる高原選手とのマッチアップ。

高原選手の眼前にあるボールを位置的にも体格的にも
劣る加地さんがいとも簡単に身体を入れマイボールにしたシーンでは、
代表で優遇されている選手、そうでない選手のパワーバランスの
パラドックス、そして加地亮健在、というのを強く感じました。

ここ数年ガンバはJリーグでの3タイトルを競うのに加えアジアの列強と
削りあうAFCでも戦い、更には代表召集と、確かに他のポジションより
スタミナの浪費の激しいサイドに置いて、加地さんにかかる負荷は
計り知れないものだったと思います、故に今回の選択はどちらも蔑ろに
出来ないという気持ちから出た苦渋の決断だったのではないでしょうか。

代表での21番が見れなくなるのは心底残念ですが、
傍目から見て異常なまでにチーム仲の良いガンバでの末永い活躍を
期待しています、代表での5年間、本当にお疲れ様でした。

rossohan_20071204044040.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://newage.blog11.fc2.com/tb.php/305-1146a192

 | HOME | 

Appendix

ろっそ

ろっそ

凄腕の殺し屋
報酬は愛
ビールなら
54本飲める。


所属サークル
scarabeorosso

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。