newage

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南アフリカW杯最終予選組み合せケテーイ

グループA
オーストラリア
日本
バーレーン
ウズベキスタン
カタール


グループB
韓国
イラン
サウジアラビア
北朝鮮
UAE

(グループ2位までがW杯出場権獲得、3位同士の勝者は、プレーオフに進出)

とまぁケテーイしました、楽な組に入った!
と思ってる人はアマちゃん、いや甘エビちゃんです。
論拠はサウジとウズベクの力差、これほぼ同等なんです。

3次予選 グループ4
順 国名      勝点 試合 勝数 分数 敗数 得点 失点 点差
1 サウジアラビア 15   6   5   0   1   14   5   9
2 ウズベキスタン 15   6   5   0   1   15   7   8

斯様に勝点も一緒、得失点差も1点に過ぎず
当該チーム同士の戦績たるや
ウズベキスタン 3-0 サウジアラビア タシケント
サウジアラビア 4-0 ウズベキスタン リヤド

とまぁ、ぶっちゃけサウジがホームで1点取りこぼしていたら
ウズベクが1位通過してた程、その差はミクロなんです。
そこんところ踏まえてグループAを解説付きでリライトすると。

オーストラリア(FIFAランキング・アジアNo1)
日本(ウッチーのラッキーで3次予選1位通過)
バーレーン(日本との3次予選対戦成績1勝1敗・点差もドロー)
ウズベキスタン(実力的には=サウジアラビア)
カタール(グループAで日本が唯一勝った事の無い国・5戦3分2敗)


こうしてみると、全てが実力的に日本と五分の国と言えるでしょう。
格下のチームが居ないって事は何処が勝ち上がってもおかしくは無い、
つまりBグループと違い3位以内に入る可能性すら危ういのです。

『でもまぁ3位に入ればプレーオフで結局行けるんでしょ』とか甘すぎ、
今度は甘納豆です。プレーオフの相手はグループBの3位のチーム、つまり
イランor韓国orサウジアラビアと楽な相手一切無し。
ホーム&アウェーの2戦で負けたらドボン、終了です。
しかして勝てれば大陸間プレーオフに進み
恐らくオセアニア代表のニュージーランドが相手。
さすがにそこまで行けばほぼW杯出場は手中かと思われます。

最後に予選通過のラインとしてrosso君の予想はダンゴなので
4勝2分2敗の勝点14も取っとけば大丈夫じゃないでしょうか。
ちなみに年内の日程はこちら↓

9/6  バーレーン-日本
10/15 日本-ウズベキスタン
11/19 カタール-日本

アウェーのバーレーンとカタールが山でしょうね、
3次予選宜しくアウェー病でサクッと2敗したらもうアウチ、
逆に言えばここを叩けばほぼ通過確定です。
何にせよ実力伯仲の面白い予選になりそうですね。
rossohan_20071204044040.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://newage.blog11.fc2.com/tb.php/308-db9044ab

 | HOME | 

Appendix

ろっそ

ろっそ

凄腕の殺し屋
報酬は愛
ビールなら
54本飲める。


所属サークル
scarabeorosso

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。